プエラリアミリフィカには、強い植物性エストロゲンが含まれています!

「エストロゲン」って聞いたことありますよね??
女の子ホルモンで、胸に生じる乳腺を発達させる、牛乳投稿にはまったく大切なホルモンだ。エストロゲンがちゃんと分泌されると、母乳はそれなりに大きくなるはずですが、ホルモンの分泌って、刺激やお決まりなど色んなものの影響を受けやすいのでまったく元来のですよ。

ですから、常に十分に分泌されているは限らないんです。

プエラリアミリフィカにはエストロゲンに機構が迫る「植物性エストロゲン」が豊富に含まれています。

植物性エストロゲンは、人間の全身でエストロゲンと同じような働きをするので、エストロゲンが不足している場合に来るトラブル、例えば更年期障害や骨粗しょう症などを改善することが誕生成果でわかっています。

おんなじ理由で、病ではないけれど、ほぼエストロゲンが少ないことが関係している「母乳が大きくならない」ことにも、効果があると考えられますよね?それを利用したのが、プエラリアミリフィカのバストアップサプリです。

プエラリアミリフィカに含まれる植物性エストロゲンの種類は?

【マメ科に特有のイソフラボン】「プエラリン」「ダイズィン」

イソフラボンって聞いたことありますよね。大豆に豊富に含まれている植物性エストロゲンの一つですが、プエラリアミリフィカにはイソフラボンが誠に大豆の40ダブル!!も含まれているんです。

【特有の材料!強力植物性エストロゲン】「ミロエステロール」

ミロエステロールは、プエラリアミリフィカ特有の材料だ。そうして、こういう「ミロエステロール」には力強い女の子ホルモン(エストロゲン)作用があるんです!!

どれだけ強いかというと、

「全身で分泌されている卵胞ホルモンのエストラジオール(エストロゲンの主成分)や検査視点で使われているエストロゲンというほぼ同じ!!!」

なんですよ。これから「エストロゲン」そのまんま!と言ってもよいでしょう。

また、千葉大学の誕生では、こういうミロエステロールの前段階の物体(抽出する前の物体)として、デオキシミロエステロールが発見されている。

ミロエステロールが大豆イソフラボンの100ダブル、デオキシミロエステロールは1,000ダブル!の効果があるといわれているので、プエラリアミリフィカがどんなに激しい植物性エストロゲン作用がある事がわかります。

きちんと激しい効果があるけどOK??というかもしれませんが、プエラリアミリフィカのミロエステロール調合ボリュームは0.02%というさほど多くはないんです。

ここまでをまとめると……

1.「プエラリアミリフィカ」には女の子ホルモンとほぼ同じ働きをする物体がちゃんと含まれている!

2.だけど、その調合確率はさほど安いので、インパクトは安らか。

ということなんです。このことをちゃんと理解すると、「効果がある」けど、「副作用などの懸念はない」という栄養剤という形で消費が可能なことが分かります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女性につきものPMS

PMSはサプリメントで解決!?

登場、PMS対策サプリメント『ルナベリー』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー