ポリフェノールは、ビューティー・健康にも素晴らしい効果が期待出来るって有名ですよね!?今や、あなたも耳慣れしていると思いますが、
又もやポリフェノールに対してようやくドシドシ紹介していきたいと思います。

■ポリフェノールは?

ポリフェノールは、アニマルにはno植物特有の生体原料でフラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、アントシアニンキトサン、ロズマリン酸、クルクミン等の物体の総称です。

光合成を通じて望める植物の色素や苦み原料で植物細胞の製造や活性化を支えるはたらきがあり野放しには5,000顔ぶれ以来存在すると言われています。どうも様々な植物においてあり、それぞれのポリフェノールの種類によっても効果・効能は様々です。

またポリフェノールは、糖類の一部が変形したもので葉や花にも含まれているんだそうです。

ポリフェノールは光合成の経過、UV等により生まれる活性酸素から植物自身が自らの大切を過酷な大自然の情勢から続ける生体防止物体です。

伝わるスタイルをあげますって、ぶどうの、果肉がめっぽうみずみずしい理由はぶどうの皮に含まれるポリフェノールのお陰なんですよ!

酷い強力な効能を持つ原料だって事が感じられますよね♪

また、私たち人間のカラダでずっと起こっている「酸化」にてもたらされた害を防ぐ働きがあることが確認されています。

酸化は、いやに老化現象そのものです。何としても退化は遅らせたいものですね。美肌・ヘルシーボディーを保つのにも!一年中を面白く通じるためにも!

日々の幸せで・うれしいやりくりがあなたの「明るく豊かな行く先へ」という繋がって行きますね。

■ポリフェノールのニックネーム・ポリフェノールを含むフードの効果・効能は?

レスベラトロール・・・赤ワイン・サンタベリー・アーモンドピーナッツの皮・ぶどう 抗酸化作用・美肌・ヘルシー出店・がん防止・ED上達等

ピクノジェノール・・・・フランス海岸松樹皮ファクターから抽出されます主に栄養剤製作 非常に強力な抗酸化作用!その効能はビタミンCのおよそ340ダブル、ビタミンE170ダブルと言われているあたり

イソフラボン・・・大豆ごちそう 更年期障害防止・骨粗鬆症防止・乳房寄稿効果・美肌効果等

カカオマスポリフェノール・・・チョコレート・ココア 減量効果・緊張節約・虫歯防止・胴バリア・アレルギーの緩

エラグ酸・・・ザクロ・ラズベリー・いちご 美肌・美容白効果・がん防止効果

カテキン・・・緑茶・紅茶・烏龍茶 抗酸化作用・消臭効能・がん防止・太り過ぎ防止・血中コレステロール有難みのもってのほか

クロロゲン酸・・・コーヒー耳より 血糖有難みの急上昇を防ぐ効果・がん防止

ルチン・・・蕎麦 高血圧防止・血管を丈夫にする効果

アントシアニン・・・ブルーベリー・ビルベリー 眼精疲労復調・視力復調

クルクミン・・・ウコン・ショウガ 抗酸化作用・二日酔い軽減・肝作動再考効果

ロズマリン酸・・・シソ科の植物やローズマリー 抗アレルギー効能・糖の会得を妨げる効果

キトサン・・・カニやエビの皮や甲羅 抗コレステロール効能

ケルセチン・・・玉ねぎの皮・レタス・ブロッコリー程度 抗炎症効能・がん防止・抗アレルギー効能

タンニン・・・赤ワイン・麦茶・コーヒー・紅茶・ほうじ茶 血中コレステロールのもってのほか

フラボノール・・・玉ねぎ・りんご・ほうれん草 心臓病防止・抗酸化作用・動脈硬直防止

海藻ポリフェノール・・・海藻みたい 毒素の排除

ナリンゲニンカルコン・・・トマト特有のポリフェノール 抗アレルギー効能

プロシアニジン・・・紅茶・リンゴ・ぶどう 抗酸化作用

等・・・だ。

しわ・たるみの予防効果が期待される、有名なポリフェノールの一種レスベラトロールの秘密はこちら↓↓↓

レスベラトロールのすべて

■ポリフェノールの効果的な取り方法のファクター
出だし版「ポリフェノール」の効果的な摂取方法は?

ポリフェノールは、水溶性の為水に融けるので、摂取してからかなりの速効効果があるのですが、ポリフェノールのキープ時間は約3瞬間~4瞬間しか効果がキープせず、体内に貯金もされません。

ですので、ごっそり作るのではなく小まめに食べることが効果的なんです。

おやつ時刻に本当は、コーヒー&チョコレートなんて取り合わせは心からお薦めなんですよ!

■ポリフェノールは、ビタミンみたいと共に取るとシナジーが期待できる?

断然、食もばらまきが大切ですね。ポリフェノールだけでもその効果は激しいのですが!ビタミンみたいと並べる事で一段と効果が期待されます。

また、ビタミンみたいと共にとる事によってポリフェノールの会得割合がUPするんです。

■ビタミンA・・・主に視線や・素肌の粘膜・頭髪の健康維持に必須なビタミンだ。

鶏のレバー・人参・ほうれん草においておる原料だ。

■ビタミンC・・・ビタミンCには細胞の退化を防いでくれる効果が期待できます。過剰摂取って事は起こらないのである程度意識して取りましょう♪

レモン・キウイ・オレンジ・イチゴ・ブロッコリーに手広く含まれています。ゴールドキウイはビタミンC含有件数が凄いんですって!

■ビタミンE・・・酸化軽減効果、つまり若返り効果が期待出来る原料だ。

アーモンド・かぼちゃ・クルミ・ナッツみたい等に数多く含まれています。

■カカオマスポリフェノールの雑学

カカオマスポリフェノールは、カカオ耳よりの皮をとってローストしてすりつぶしたものが【カカオ主流】だ。

勿論カカオ主流の製作品であるチョコレートやココアにも含まれています。但し、ホワイトのホワイトチョコレートには含まれていません!

カカオマスポリフェノールの効果・効能としては、緊張の節約・脂肪を燃焼させることができるので減量効果・血行促進効能による冷え性上達効果・発がん性もってのほか効能・免疫寄稿効果・動脈硬直防止効果・虫歯防止効果・ピロリバイ菌もってのほか効果・アレルギー適応もってのほか効果・コレステロール有難みもってのほか効果・悪玉コレステロール発生のもってのほか効果等、多くの効果・効能が期待できるスーパーポリフェノールなんですよ。

美味しくて・ヘルシー、ビューティーにも可愛いなんて最高ですね!
そういえば、スイーツでチョコレート効果や・緊張節約のギャバ入りのチョコレート・乳酸菌が落ちるチョコレート売っていますよね ♪

ただし、何でも召し上がる件数はほどほどにね(^_-)-☆

ほとんど甘ずぎないチョコレートダークチョコは、減量効果がどんどん期待できるそうですね!